2009 / 10
≪ 2009 / 09 2009 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.234

※こちらのお話は一部に多少大人的表現をしています。苦手な方、嫌悪される方、18歳未満の方はご遠慮下さい。




月曜日の朝は慌しい。
出勤する2時間前に起床してもタイムリミットで
見切り発車で出掛けることが多い。
もっと余裕を持って過ごしたいと思いつつも
常にイレギュラーなことばかり起こる。
それでもそんな生活を大いに楽しんでいる。

パジャマのまま洗顔しそのままお化粧をし、
簡単に朝食の準備をする。
その動作と平行に出勤日には
必ず必要な持ち物をぬいぐるみのストラップをぶら下げた
大きめなショルダーバッグへ詰めていく。

ハンドタオル2枚、フェイスタオル2枚、スタイ3枚、バスタオル1枚・・・。
着替えを1式と・・・それとお昼寝用シーツ。
それらを手際よくバッグへ詰めていく。

それが終わる頃ベビーゲートの向こう側で
くせっ毛の強い大きな瞳の息子が
お気に入りのペンギンのぬいぐるみを抱えて
機嫌よく手を振っている。

「マ~マ」
「おっきしたの?あっくん」
「マンマ、あっこ」
「はいはい、待ってね、抱っこね、おなか空いたのね」
「あっこ!」
「おはよう、あっくん」

ゲート越しに息子を抱き上げてぷくぷくした色白の頬に小さくキスをした。
それから濡れタオルで顔を拭い、オムツを取り替える。
本当にこの子は寝起きと寝つきが良い子で・・・。
こんな母親だからきっと良い子を授けてくれたんだわ・・・。

手早く息子に朝ごはんを食べさせてから
昨夜タイマーで洗濯しておいた洗濯物をささっと部屋干しする。
自分も着替えて、息子も着替えさせる。
朝夕はかなり冷え込むこの頃は、
厚手のパーカーが必要となった。
ほぼ毎日のことなので、よちよち歩いてパーカーを
たたんであるかごの中から持ってきてくれる。
背中についているペンギンのアップリケがお気に入りみたいで・・・
また同じところがほつれてきている。

「あっくん、着るのね?」
「ペンペン」
「そうね、ペンギンさんと保育園いくのね。
でも“ねんね”のペンギンさんはお留守番だよ」
「ぶぅ~~~」
「おもちゃはダメよ、いつもどおりにお椅子に座らせてきて」
「ペンペン、バイバイ」
「いい子ね、ペンギンさんバイバイね」

大きなショルダーバッグ斜め掛けにしてハンドバッグを持ち
息子に靴を履かせる。
履かせるときは本当に嬉しそうで
「クック!クック!」と鼻歌交じりの息子である。
玄関のドアを開けて、外の空気を親子そろって深呼吸して吸い込んだ。

スポンサーサイト
Page.232

皆様、こんばんは。

我が家の新型インフルエンザ騒ぎは終焉しました。
とりあえずってとこでしょうか。。。(長女には症状が出ていません)

早速ですが、本日から連載開始します。
今回は・・・あのグループの方ですね(笑)
一番の年長者の方です。

内容が少々大人系!?とそんな要素も少しあります。
楽しんでいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

            
            紫苑あかね拝

Page.231

皆様、こんにちは。

前回の連載が終了してから1ヶ月以上経ってしましました。
私のオフラインは相変わらずですが・・・。

そろそろ次のお話を始めようかと思っています。
しかし、この状況でウチの長男が新型インフルエンザに罹ってしまい、長女の方もはっきりしない体調なのです。
私はというと。。。
長男のインフル発症のおかげで?出勤停止となり、高熱でウンウン唸っている子の隣で本格的な衣替えや溜まった家事、そして小説を書いています。
<鬼母!?

学校のほうも大きな行事が学級閉鎖もあって延期になったりして、役員の作業ともあり連載は果たして出きるのか?という状況です。
諸々の流れもありますが、流れに委ねながらも開始します。

相変わらずのろのろ更新となりますが、どうぞ皆様、お付き合いください。
よろしくお願いします。



              紫苑あかね拝


presented by 地球の名言

紫苑あかね

Author:紫苑あかね
恋する人たちの切ない想いを描いています。

只今ランキング参加中なり。 ポチッとして頂けたら嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。