2011 / 05
≪ 2011 / 04 2011 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.256

「私はね、君に・・・堂前和華子さんに本当に会いたかった。
・・・やっと念願叶ったよ」

そう言いながら秘書の人に渡した書類の入っていた
同じ大きさの封筒を見せた。
中から数冊のアルバムが入っていた。
私がそのアルバムと社長の顔を不躾にも見比べていると
「見てごらん」と1冊のアルバムを差し出した。

そっとアルバムの表紙を捲り・・・。
「あっ!」と小さく声を出してしまった。

「驚いたかね?そうだろうね・・・」
「あの・・・これが・・・なぜここにあるの・・・ですか?」

あまりにも驚きすぎて、口が上手く回らずきちんと喋れなかった。
それでもアルバムの中のそれらは全て知っている。
だってそれは全て我が子と自分だったから。

「これは私の大学の後輩に頼んで、事ある毎に貰っていたものだ。
もっと早くに・・・いや、この子が生まれる前にきちんとすべきだった。
私の息子は・・・この子のお父さんだ」
「えっ!?」
「そう、驚かないでくれよ?はははっ・・・本当に・・・」
「映の・・・お父さんって・・・マオさんの?」
「そうだね、『マオ』は私の息子で次男だが・・・」
「ええっ!?」

社長の前だというのに素っ頓狂な声を出してしまった。
頭の中を色々なことが巡り始めた。
そして・・・今までの色々な想いが溢れるように涙が一筋流れた。

「今まで本当に苦労させてしまった。
どんなに謝っても足りないくらいだ・・・これからは・・・
孫のために、そして・・・次男のお嫁さんのために・・・」
「いいえ・・・苦労なんか・・・していません
むしろ、マオさんのおかげで私はかけがえのない幸せを
宝物をこの胸に抱くことができました。
だから謝らないでください・・・でも・・・
もしそれでも・・・気がおさまらないと仰るのでしたら・・・
是非この子・・・いつか抱きしめてください」

いつの間にかお互いの両手を握り締め、昔からの知り合いのように
微笑みあった。
それぞれの心は温かだった。

スポンサーサイト
Page.255

書類を持っていくようにと上司から仰せつかって
今、滅多に上がって来ない重役フロアにいる。
エレベーター降りたときには「なぜ?」という思いよりも
興味のほうが先立ってしまい秘書室をもう少しで通り過ぎるところだった。

「総務部の・・・堂前ですが・・・」
「連絡をいただいております。こちらへ・・・」
「はい・・・」

通されたのは秘書室の隣にある小会議室だった。
同期の中でもなかなかの評判の男性秘書の人に案内された。
持参した書類を渡してそのまま自分の部署へ戻れると思っていたが、
その人に「ここでお待ちください」と言われて・・・。
座り心地の好い背もたれの高い椅子に座った。
室内の壁にかかっている時計をただぼんやりと眺めながら・・・。

それから少し経って扉が静かに開いた。
先ほどの秘書の人と穏やかな顔立ちの男性が入ってきた。
どこかでお目にかかったことのあるような・・・。
そんな思いが頭の中を過ぎって、ハッと椅子から立ち上がった。
それと同時に秘書の人は静かに部屋の扉を閉めながら出て行った。

「君が・・・そうか・・・君なんだね?」
「あの・・・」
「いやいや、そう硬くならずに」

そう言いながらその男性は手を差し伸べながら
もう一度椅子に座るように促した。
そして私のすぐ隣に自分もゆったりと腰掛けられた。

「私のことは知っているかね?」
「あの・・・先日の訓示でお顔を拝見しました」
「ははは・・・そうか・・・
じゃぁ、君は私を知っているということだね?」
「はい、社長でしらっしゃいますね?」
「まぁ、そういうことだね」
「そんな社長が、なぜ、一社員の私に?」
「社長たるもの社員全員と話がしたくなってね。
まずは君がトップバッターなんだよ」
「はぁ・・・」
「ははは・・・というのは、まぁ、冗談で、
いやいや、社員全員と話がしたいというのはいつもそう思っているよ。
敢えてここに君を呼んだのは・・・大切な用があったからだよ」

そう言う社長のお顔はとても大手企業のトップとは思えないくらい
茶目っ気たっぷりの満面の笑みだった。
そう、その穏やかな雰囲気も含めて想い人を連想させるようだった。


presented by 地球の名言

紫苑あかね

Author:紫苑あかね
恋する人たちの切ない想いを描いています。

只今ランキング参加中なり。 ポチッとして頂けたら嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。