2017 / 04
≪ 2017 / 03 2017 / 05 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.251

今日は朝から特に予定もなく、小春日和な陽気後押しされて家事に精を出した。
私が溜まった洗濯物や片付けをしている横で息子はなにやら
鼻歌交じりで一緒に片付け。
というか、整理したものをことごとく入れ物から出し
違う入れ物に移すという行為に勤しんでいた。

「ママ、ないないね~」
「そうね、あっくん、おもちゃお片付けね」

エンドレスで繰り返されるような片付けを端で呆れながらも
どこか楽しんでいる自分がいた。
日々成長している我が子に時折目を細めながら・・・。


あの日から彼から電話やメールが一日に数回は来る。
それは特に用事も無く「今、何をしているか?」とか「映は笑っているか?」とか。
他愛もないやりとりが今は心地が好い。
あんなに頑なだった私の気持ちも一度、錘が解き放たれてしまえば
我ながら薄情な女だと呆れるくらいである。
正直、彼と離れている間より心が軽くなっている。
それでもこれで良かったのか?と自問自答する日々もあったりするが。

「和華子!庭で映と遊びたいんだけれど・・・」
「翔?」
「わ~い!るぅ!!」
「映、お日様いっぱい浴びろ!おんも行こう!」
「オフなの?」
「うん、オフ、もぎ取った!」
「何それ?あっくん、翔が遊んでくれるって!良かったね~
お砂場道具持って行こうか?」
「わ~い!あっち!」

突然現れた隣人はあっという間に息子を玄関ですばやく慣れた手つきで
靴を履かせて半ば荷物を担ぐかのように庭に連れ出していった。
彼ら追いかけながら息子のお砂場着と遊び道具を持って自分も広い庭に出た。
スポンサーサイト


この記事へコメントする
















presented by 地球の名言

紫苑あかね

Author:紫苑あかね
恋する人たちの切ない想いを描いています。

只今ランキング参加中なり。 ポチッとして頂けたら嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。