2017 / 09
≪ 2017 / 08 2017 / 10 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.3

俺の生まれた環境・・・・・
世間一般的に言えばセレブリィティな奴等が集まっている。
そんな中で代々続いている事業を当然俺も継いで行くと思っていた。
そのために大学で経営学を学び、そして彼女のいるこの国の大学院へも留学した。

俺のバックグランドをも含んで近づいてくる奴らにそれなりに接していたが、
どこか冷めた気持ちでいた。

だが真の友人・・・・一人はいる。
子どもの頃から一緒に育ったと言っても過言ではない奴。
アイツには人生を共に歩んで生きたいと思う女性を既に見つけている。
アイツにいて俺にはいない・・・そういう羨ましい気持ちもあったりして俺は、
俺の周りに纏わり付いてくる奴について・・・・・・・
特に女性に関してはテキトーにあしらっていた。

アイツがよく言っていたな・・・・・
「どこに運命の女性と出会えるかわからない。
例え鼻に付く女性だったとしてももしかしたら?
と思うかもしれないぞ。心で人を見るべきだ」と・・・。
当時の俺には『心の目』なるものは閉じていたのだろうか。
否、開いて見て必死に探していたと思う。
しかし・・・・・・
心が震えるくらいの運命の女性には出会えていなかった。
スポンサーサイト


この記事へコメントする
















presented by 地球の名言

紫苑あかね

Author:紫苑あかね
恋する人たちの切ない想いを描いています。

只今ランキング参加中なり。 ポチッとして頂けたら嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。