2017 / 09
≪ 2017 / 08 2017 / 10 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.4

大学に入るまで、また入ってからもテキトーに付き合った女性はいた。
俺を何かの戦利品みたいに見せびらかすために、また自分の変なプライドのために
【俺】というブランドを身に纏いたくて仕方がない女性が何人も…。
だから俺は奴らに対して心を開いたこともなければ、好きになろうと努力をしようともしなかった。
どこかいつも冷めた気持ちで付き合っていたのかもしれない。


家のために、親のために、勉強のために、
なんとなく…な気持ちで留学までして。
正直言って、いつも俺の心は空しさを抱えていた。

この国では珍しい容姿や特殊な肩書きも手伝って、
皆好奇な目で俺に近づいてきて面白可笑しく過ごそうと誘ってきたが。


・・・・・・俺の心の目には全てがモノクロ映像にしか映らなかったんだ。
スポンサーサイト


この記事へコメントする
















presented by 地球の名言

紫苑あかね

Author:紫苑あかね
恋する人たちの切ない想いを描いています。

只今ランキング参加中なり。 ポチッとして頂けたら嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。