2017 / 05
≪ 2017 / 04 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.96

あの2人のやりとりを多少気にしつつ、いつもの日常が戻っていた。
私は相変わらず庶務とはいえ、仕事に忙殺される日々で・・・・。

残業も多くて、まともに家族と一緒に食事が出来ていないわ。
そういえば二世帯住宅でも別棟に住んでいる
兄家族の姪っ子達の顔を見ていないな~~。
もうじき誕生日だというのに・・・・・。
スタイリストの姉も同様に多忙極まりなく、
あの人の場合フェニックスの行くところ殆ど付いているしね。
業種上仕方がない事だけれど。



そんなある日、未来堂のフェニックスCM担当の人達が来社された。
担当の方4人揃って、その中にあのアツシもいたわけで、
こちらからも担当者を交えて打ち合わせとなった。
フェニックスからはリーダーのマオさんが同席した。

依頼された企業の要望や未来堂さんからの提案、
こちらからの要望や事細かな事を打ち合わせしていった。
私は記録係で同席した。
彼らの口答での意見交換等を書き留めていった。
彼らのいる席から少し離れているところに座っていたのだが・・・
時折、刺すような視線を感じていた。


暫し休憩をとっている時にマオさんが話し掛けてきてくれた。
未来堂さん達から私自身を隠すように小声で言った。

「山本さん、書き留められる?一応書類などもあるから大丈夫だよ」
「はい、どうにか・・・でも録音もしているので大丈夫です」
「そう?でも無理しないでね」
「はい、ありがとうございます」
「それから・・・美晴ちゃんのことジッと見つめているヤツがいるんだ、
気が付いてる?コレは・・・・俺の勘でしかないんだけれど、ちょっとヤバイかもな!」
「えっ!?そうなんですか?
・・・・やっぱり・・・ちょっと視線は感じていましたが・・・・」
「そっかぁ・・・やっぱ感じてはいたんだね?それにしても大胆なくらい親しげだぞ!」
「えっとぉ・・・・いつかの合コンで合った人なんです」
「あっ!あの時の?そっか~わかった!
でもどっかで見たことがあるんだよな~~~どこだったかな・・・?」
「合コンで会ったからきっと・・・親しみを込めて見てくれているだけかもしれませんよ」
「・・・・・そうかな~~ちょっと気になるんだよ、
とにかく美晴ちゃんはかわいいから気を付けてね!」

どこか腑に落ちない表情でマオさんは、
私のノートの片隅に眠そうなウサギの絵を描いた。
絵の横に『←MIHARU???』と書いて席に戻った。
そのイラストを見て一気に疲れが癒された。
スポンサーサイト


【お久しぶりです。】
こんにちは。
なかなか訪問できなくて、すみません。
そんな中、
わたしのお気に入りのリュウさんが喧嘩?
ど、どうして?
何があったのか気になったまま10話へ突入してしまいました。
しかも今度は、美晴ちゃんが・・・・、
恋の足音が聴こえてきたかな?
どうなるのか楽しみです。
でもリュウさんファンとしては複雑だわぁ。(笑
【レスです。。。】
☆きゅうぞうさん、こんばんは。

>わたしのお気に入りのリュウさんが喧嘩?

ええ、色々諸事情がありまして・・・
ヒロさんと口喧嘩です。
<年甲斐も無く!?

美晴ちゃんの恋は~~~あはは~~(謎笑)
さて、どうなるでしょうか・・・?
暫くお付き合いくださいね。
この記事へコメントする
















presented by 地球の名言

紫苑あかね

Author:紫苑あかね
恋する人たちの切ない想いを描いています。

只今ランキング参加中なり。 ポチッとして頂けたら嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。